小川悟のブログ

新旧対決

こんにちは。最近の工事から。

家を建てる際、水平と垂直は基本です。

現代はレーザーで見ます。機械から水平のレーザーが出て、

受光器で水平を知ることができます。便利ですね。

しかし、機械が狂っている場合もありますから、調整に出さなければいけません。

狂ったまま使っていると、大変なことになります。

 

レーザーがない時代や、機械がイマイチ信用できないアナログさんは、昔ながらの水盛り(ミズモリ)で水平を出します。

ホースの付いた管に水を入れます。ホースの水面は水平になるので何箇所か印を付けていきます。

私もアナログ人間なので水盛が安心です。引力がある限り狂いません。

でも坊主の頃、ホースを踏んで印を付けていて当時の親方に怒られた記憶は忘れられません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。





資料請求
資料請求はとっても簡単です。
TEL・FAX・メール・当ホームページよりお申し付け下さい。
リフォーム見積もり診断室
1年後・2年後を見据えたリフォーム計画のご相談にも応じます。
他社の見積を第三者的に診断。
匿名相談もOK!
お問い合わせはこちら
相談料は一切頂きません。無料です。また、強引な売り込みや勧誘は一切行いませんので安心してご相談ください。