活字を読む

 小学校5年の時に江戸川乱歩シリーズの怪人20面相を読んだのが始まりでした。

その面白さにハマってしまい、シリーズすべてを読破しました。

中学に入り今度は大藪春彦シリーズにハマり、シリーズほとんどを読みました。

大人になってからはビジネス本がほとんどですが、読書は大好きです。

 

もちろん、本を読まれる方は当然だと思われていますが、

活字を読んで、頭の中に映像を想像して理解するという作業は慣れが必要です。

初めは短く簡単な活字から訓練してい行きます。読み始める年齢が若いほど良いです。

大人になって、活字を“読める”と“読めない”とでは差がでるというのは痛感しています。

 

そのことを、子供たちに昔から伝えていました。

娘(18歳)はかなりの読書好きです。息子(16歳)は読書苦手なんです。

そんな息子が最近 湊かなえ著“告白”を読んでいるのを見ました。

「これ、面白いね」

「おっ、ほとんど読んだな。やるじゃん」

「まあね~」と

はにかむ息子がこれを機に読書に目覚めてくれればいいな~と思う今日この頃でした。

このサイトを広める
- 住まいを一緒に創造する - お問い合わせはこちらから

小冊子・カタログプレゼント!

小冊子・カタログ請求はこちらから >

家づくりで疑問に思うこと・金額のこと・工事のこと、なんでもお気軽にお問い合わせください。
資料請求いただいたお客様には小冊子・カタログをお届けします。