ジョーク

おフランスのTVショーで、サッカー川島選手の手が4本に合成され、

「フクシマの影響だろうね」は、ちょっと笑えないですね。

ま、彼らはジョーク好きらしく、恐らく悪気はないと思いますが・・・・。

私はセンスの良いジョークは好きです。

 

ジョークといえばジャーナリストの落合信彦氏がこんなジョークを言っていました。

 

 中国の農民が、その年は畑の収穫を上げようと思い立ち、

春に新しい種を買ってきて畑を耕した。

だが、秋になっても収穫はゼロだった。種が偽物だった。

絶望したその農民は、農薬を飲んで自殺しようとした。

だが、死ねなかった。農薬も偽物だったのだ。

農民が住んでいる村の人たちは「死ぬことはない」と

彼を励まそうと村をあげて宴会を開き、そこでギョーザが振る舞われた。

農民は生きる希望を取り戻し、ギョーザを口にした。

すると農民は死んでしまった。

 

結構、ブラックが効いたジョークですね。

 

1人の美女と2人の男性が無人島に漂流した。

アメリカ人は1人の男は美女と結婚して、残った1人は牧師になる。

スペイン人は2人の男は決闘して、勝った方が美女と結婚する。

フランス人は1人の男は美女と結婚して、もう1人の男は彼女と不倫する。

イタリア人は何の気兼ねもなく2人の男は共に1人の美女を愛する

日本人はどうしたら良いか、本社にメールで問いあわせようとする。

 

これも落合さんが言ってました、世界のジョークらしいです。

最後は日本人がオチというのが少し悲しいですが、

世界からはそう見られているんでしょうね。

 

船が沈み、救命ボートは定員オーバー。

誰かが飛び降りなければならないが、

どう言えば乗客は納得して飛び降りてくれるか?


アメリカ人は「君たちには保険がかけられている」というと飛び込む。

イギリス人は「紳士なら飛び込むべきだ」というと飛び込む。

ドイツ人は「船長の命令です」というと飛び込む。

イタリア人は「海に女がいる」というと飛び込む。

そして日本人は「みんな飛び降りてるよ」というと飛び込む。

 

 

あるとき神様が、アメリカ人・フランス人・ロシア人・日本人

4人の前に現れて、こう問いかけました。

「お金で幸せは買えると思いますか?」

するとフランス人は「ワインとチーズがあれば幸せです」

ロシア人は「そもそもお金という概念自体が信用できない」

アメリカ人は「本物の神様に会うことが出来て答えるどころではありません。」

そして日本人は「領収書はもらえるんですか?」

 

気の利いたジョークがあれば教えてください。

 

このサイトを広める
- 住まいを一緒に創造する - お問い合わせはこちらから

小冊子・カタログプレゼント!

小冊子・カタログ請求はこちらから >

家づくりで疑問に思うこと・金額のこと・工事のこと、なんでもお気軽にお問い合わせください。
資料請求いただいたお客様には小冊子・カタログをお届けします。