親友

先日放送のミヤネ屋で、滋賀県長浜市で両親に鎖で監禁された

小学校2年の男の子の事を詳細に放送しておりました。

 

男の子への虐待の痕跡を隠すため、学校を休ませ出かけられないように

鎖で柱に縛り付け監禁するというこの両親に、寒気を感じましたが、

救出したのが3つ上の小学校5年生の“親友” だと知って涙しました。

 

3つ年が違うが、日ごろからよく遊んでいた5年の男の子は、あざや火傷の跡の

理由を尋ね、両親からの日常的な虐待を知っていた。

2年の男の子が病欠していると先生から聞いたとき、ピンと来たのであろう、

友達と一緒に家に行き、鎖でつながれている男の子を発見し、近所の大人を通じて

通報し、当然両親は逮捕された。

 

その後、2年の男の子は30キロほど離れた養護施設に預けられ、一緒に遊べないのが

とても残念です。「大丈夫か?」と声を掛けてやりたい、と5年生の男の子はインタヴューに

答えていたが、この子は非常に思いやりがあり優しい男だなと 私涙がこぼれました。

 

この両親も数年たてば出所するであろう。仮に男の子を引き取れば、虐待が繰り返されるかも

しれない。この負の連鎖なんとかならないものでしょうか?

小学校2年の男の子に受けた心の傷を癒すには、長い年月が掛かるであろう。

 

一番信頼されるべきはずの両親から虐待されるって、毎日こんな生き地獄ないですよ。

親や大人は子供を守ってやらねばならないです。子供は国の宝物ですからね。

 

でも小学校5年の男の子が“親友”でよかった。

このサイトを広める
- 住まいを一緒に創造する - お問い合わせはこちらから

小冊子・カタログプレゼント!

小冊子・カタログ請求はこちらから >

家づくりで疑問に思うこと・金額のこと・工事のこと、なんでもお気軽にお問い合わせください。
資料請求いただいたお客様には小冊子・カタログをお届けします。