栃木県真岡市で、悲惨な殺人事件が起きた。

 被害者の金を奪う目的で、女と共謀し殺したうえ主犯の実家敷地内に

 埋めるという、凶悪な犯罪です。

 

 ここでふと思ったのが、以前読んだ東野圭吾氏の“手紙”です。

 主人公の兄が強盗殺人をはたらき受刑した。

 ここから主人公(弟)の苦難が始まる。

 

 “強盗殺人犯の弟”というレッテルは、弟からあらゆる可能性を奪ってゆく。

 大学受験、アルバイト、歌手デビュー、就職、結婚・・・・

 隠してもすぐに、ふとしたことから分かってしまう。

 

 強盗殺人犯は兄で、弟は全く関係ないことだ、と頭では理解できるが

 言葉には表さないが、皆 面倒に関わりたくないのだ。それが態度に出てしまうのです。

 差別や偏見のない世の中はありえない。

 

 ならば、立ち向かおうと主人公は決め、果敢に立ち向かっていくのだが、

 それが自分だけならまだ耐えれる。それが、

 嫁や子供にも及ぶと耐えれない。強盗殺人犯の義妹、強盗殺人犯の姪

 

 何のために生まれてきたのだろう。俺達は幸になってはいけないのか。

 主人公の声が胸に刺さったのを覚えています。

 犯人が罰を受けるのは当然だが、受けるのは犯人だけではないのです。

 また、被害者家族も苦悩が消えることはない。癒されることはない。

 

 絶対にしてはならないことなんです。

 

 

 

 

お電話お待ちしてます。

お問合せはお気軽に

  • 相談だけなら無料ですか?
  • 見積りを出してほしいのですが・・・
  • 新築の相談もできますか?
    など・・・